アメリカお金事情。デイトレ、投資、インフレ、金利などについて

土曜日の朝です。今週思ったことをまとめておきたいと思います。

まず米国株デイトレですが、損益の方はしつこく横ばい状態が続いています。そして、裁量トレードからメカニカルトレードへの切り替えは、頓挫している状態です。というのも、裁量トレードを諦めようと思ったのは眼精疲労が理由だったのですが、昨年末からマーケットに変化があり、その変化についていくためにあれこれ試行錯誤していたら、目を酷使せずにトレードできる方法が見つかったのです。あと、マーケットの変化でメカニカルトレードな方々はドローダウンに入っているようなんですよねー。なので、まだ焦る必要はないのかなと思い、現在も裁量トレードを続けています。

そして、中長期投資はフィデリティ証券のマネージドアカウントを利用していますが、こちらは資産減ってます。とりあえず昨年10月の価格まで減っていて、今後、さらに減ることが予想されます。

不動産投資の方は、今週はじめて、アリゾナ州の家の価格が下がりました。パンデミック以降はじめてのことです。ところが、今住んでいるテキサス州の家はまだ値上がりしています。アリゾナ州はリーマンショックの時も値下がり率がすごかったので、景気に左右されやすい場所なのかも。

不動産と関わりあるところで、FRBが3月に0.5%の利上げする可能性が高く、そうなると、家のローンの金利も上がっていくと思われます。その家のローンは現時点で30年固定で3%越えてきた感じ。今後もっとあがっていきそう。ちなみにRVのローンはスコアが良い人で4.5%ほどで、大抵は5%ほどのようです。家もRVも買う人減るでしょうね。

ということは、アリゾナ州の家は、今後、物件価格、家賃収入合わせて、売却時期を検討する必要あり。

普段の生活に関することでは、食料品や雑貨の値段が上がっているのを強く感じます。以前はコストコでまとめ買いすると高くても200ドルだったけど、今は300ドルくらいになってます。洋服の値段も上がってる気がします。パンデミック前と比べると2割増しくらいの印象。

小耳にしたんですが、アメリカのソーシャルセキュリティーはインフレに対応して増えているとか。それを知り、夫は「給料もあがるかなー」と気になってるようです。果たして、どうなるんでしょうかー😁

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。